ACCESS イメージ

BLOG
三鷹鍼灸院はりきゅうmoreブログ

眼精疲労や頭皮の固さのお悩みへの鍼灸施術「+頭皮鍼&眼精疲労ケア」について

2021.11.12

こんにちは、三鷹・吉祥寺の鍼灸院はりきゅうmoreの谷本です。


デスクワークやスマホの時間が増加している昨今、眼精疲労や頭痛を訴えられている方がとても増えています。


首コリや肩こりとも深い関係がある眼精疲労は、なるべく蓄積させずに早めに対処していきたいところです。


そこで、今回ははりきゅうmoreの人気のオプションメニュー「+頭皮鍼&眼精疲労ケア」のご紹介です。



人気のオプションメニュー「+頭皮鍼&眼精疲労ケア」


このメニューは、お身体のトリガーポイント鍼灸施術の後や、美容鍼とセットで行うことができます。


頭皮や目の周りにつく筋肉に対して鍼を打つことにより、顔面部から頭皮の血行を促し、緊張を緩める効果が期待できます。


目の周りを囲う『眼輪筋』
おでこから頭にかけての『前頭筋』
こめかみから耳の上までつく『側頭筋』

(Anatomy of the Human Body)


などを緩めることにより、「視界が明るくなった」「目が開きやすい」「ドライアイがラクになった」などの声を施術後いただくことが多いです。



特に前頭筋や眼輪筋は目を酷使したり、姿勢不良が続くと緊張してしまいますが、かたくなることにより眼の動脈の血流を悪くしてしまうと考えられています。


リスクの高い眼窩内に鍼を打たなくても、その周りの上記の筋肉を緩めることにより、眼動脈やその先の動脈(滑車上動脈や眼窩上動脈)の血流がよくなり、眼精疲労のケアにつながる効果がおおいに期待できます。


また、局所の血流をよくすることも重要ですが、首のトリガーポイントを鍼により刺激したあとに頭皮鍼を行うことでさらに効果を高めると考えられます。


眼精疲労や頭痛、ドライアイ、目のかすみなどにお悩みの方はぜひ「+頭皮鍼&眼精疲労ケア」をお試してください。



三鷹鍼灸院はりきゅうmore
東京都武蔵野市中町1-28-1紺屋ビル1F


お問い合わせや予約はオンライン予約LINEから承っております

※この情報は鍼灸師として13年間第一線で活躍した院長 谷本 康が記述しており、日本で代替医療に分類されている国家資格を持っております。当院では、鍼灸療法について正しい知識をお伝えするために日々努めております。痛みなどのお悩みの方は是非当院までお越しください。(※鍼灸療法には、個人差がありますので、予め十分な時間を確保の上、説明を行います。)