ACCESS イメージ

BLOG
moreブログ

季節の変わり目の自律神経の乱れとその対処法

2019.10.17

こんにちは、武蔵野(三鷹・吉祥寺エリア)にありますはりきゅう院moreです。

先日は台風19号が接近し各地で被害がでていますね。
みなさまご無事でしたでしょうか?

moreがあります三鷹や吉祥寺は大きな被害はなかったのですが、台風の前後に体調を崩されてしまう方が急増しています。

急に体調不良になったり、頭痛や耳鳴り、不眠など今までなかった症状がでてきたとの相談が多いです。
あとはギックリ腰も多くご相談いただいています。


このような時期は季節や気圧の変動による自律神経の乱れなどが考えられます。

↓自律神経についての説明は下記の過去ブログをご覧ください。

自律神経と鍼灸(しんきゅう)




不調は身体からのメッセージ~自律神経の乱れ~




・慢性的な疲労感
・不眠や眠りが浅い
・片頭痛
・耳鳴、難聴、耳が痛い
・吐き気
・動悸やのぼせ
・胃腸の調子が悪い

などは自律神経の乱れによる身体からのメッセージの可能性があります。
身体のコリが強くなり、トリガーポイントが活性化すると上記のような症状が出現してきます。

感覚は個人差があり、身体の疲れを感じて早めにケアできる方もいれば、コリや痛みなどをあまり感じていない(気づかない)ため、疲れが蓄積してから、いろいろな異変“不定愁訴”としてはじめて自分の身体の不調を感じる方もいらっしゃいます。
そして蓄積していた分、悪くなっている場合が多いです。

少しでも「なんかおかしいな」「少し疲れたな」と感じたら早めにケアをしてあげましょう。



自律神経を調整するために




セルフケア

①ストレッチやウォーキングや軽い筋トレ


ストレッチはゆっくりと深い呼吸をしながら行いましょう。
また、軽めの運動もおすすめです。運動すると疲れると思われるかもしれませんが軽い強度の運動は疲労の回復を早めることが分かっています。
アスリートなどもこの“アクティブレスト”を取り入れています。

②入浴


ぬるめのお湯にゆっくり浸かりましょう。疲労感が強い場合は交代浴(冷たい水と交互に入る方法)もおすすめです。

③食事


特にビタミンB1が含まれる食材をとることを心がけましょう。

④睡眠


就寝時間を少し早め、スマホやテレビを直前まで見るなどは避けましょう。
眠れない場合でも、目を閉じて横になっているだけでも疲労回復に一定の効果があります。



お身体のメンテナンスに鍼灸を




自律神経の乱れによるお身体の不調を改善させていくためには、身体をリラックスできる状態を作ってあげることが大切です。

セルフケアをしても身体の力が抜けない場合は、鍼灸やマッサージなどがおすすめです。
特にトリガーポイントを刺激した際のズーンとした独特な響きは副交感神経を活性化させ、お身体をリラックスさせることが出来ます。

moreでは自律神経症状には、特に首こりを中心にお身体全身をみていきます。ひとりひとりに合わせた施術、刺激量にこだわりケアさせていただきます。
お困りの方はぜひご相談ください。

お身体のメンテナンスに鍼灸という選択肢があることを多くの方に知っていただけましたら幸いです。


これから寒くなってきますので、お身体のケアをして備えていきましょう!

はりきゅう院moreの口コミをみる

過去のブログ記事一覧へ

ご予約はこちら