ACCESS イメージ

BLOG
moreブログ

自律神経の乱れ・自律神経失調症【お身体の不調に鍼灸ができること】

2020.04.26

【自律神経の乱れ・自律神経失調症】


このようなお悩みはありませんか?

・ストレス、精神的な疲れ、イライラ、不安感

・身体がだるい、疲れやすい、休んでも疲れが取れない
・食欲がない、胃腸の調子が悪い
・腹痛、下痢、便秘、吐き気
・めまい、耳鳴り、立ちくらみ
・頭痛、頭重感、眼精疲労
・生理不順、生理痛
・ほてり、手足の冷え
・不眠、眠りが浅い
・やる気が出ない、うつ症状

これらのお悩みは自律神経の乱れや自律神経失調症による症状かもしれません。


自律神経とは


自律神経は自分の意思とは関係なく24時間絶えず働き続け、身体全体の機能のコントロール・調整をしています。
自律神経は「交感神経」と「副交感神経」に分けられ、双方がバランスを取り合い、その時の状況に応じて働くことにより呼吸・血液循環・体温調節・消化・排泄・生殖・免疫などの生きていく中で必要不可欠な機能を調整しています。

【交感神経】


交感神経は身体が活動するとき(起きている時や緊張している時)に働く神経です。
血圧を上げ心臓の動きを活発にするなど身体が活動できる状態にします。
その他
瞳孔をひらく、唾液や涙の分泌低下、気管が広がる、胃腸の働きの低下、排尿排泄を抑える など

【副交感神経】


副交感神経は身体を休めるとき(寝ている時、リラックスしている時、食事をしている時)に働く神経です。
血圧や心拍数が下がりゆっくりとした呼吸になり身体を休めます。
その他
胃腸が活発に働く(お腹がゴロゴロ鳴る)、唾液や涙の分泌を促す、トイレに行きたくなる など

このように交感神経と副交感神経が必要に応じて働きます。
シーソーのようにお互いがバランスを取り合いながら働くことで生きていくことができます。これは自分の意思ではコントロールできないものです。


自律神経の乱れ・自律神経失調症の原因


自律神経失調症は特定の疾患名ではなく、上で説明した「交感神経」「副交感神経」のバランスが崩れ身体にさまざまな異常がでてしまっている状態のことです。
主に「ストレス」「ホルモン分泌の乱れ」「不規則な生活習慣」が原因とされています。


○ストレス


人間関係や仕事などのプレッシャーなどによる精神的ストレス、気温の変化や身体にかかる負担などの身体的ストレスなどがかかることにより、身体はストレスに対応するために「交感神経」が活発に働きます。
そのため、ストレスが長期間続くと、常に交感神経が優位な状態となり自律神経のバランスが崩れてしまうと考えれています。

○ホルモンの乱れ


自律神経には「女性ホルモン」「甲状腺ホルモン」が深く関係します。
更年期などでは「女性ホルモン」の分泌が減少するため自律神経に影響します。
「甲状腺ホルモン」は交感神経と関係するため分泌異常は自律神経の乱れにつながります。

○生活習慣の乱れ


睡眠・覚醒・食事などの体内リズムの乱れは自律神経やホルモン分泌に強く影響を与えます。そのため昼夜逆転の生活や朝食を抜くなどは自律神経の乱れにつながります。


身体がなにかおかしいなと感じたら


自律神経の乱れによるお身体の不調では、はっきりとした症状ではなく、最近身体がなにかおかしいといった違和感から始まります。

身体がだるい、眠れない、疲れやすいなど違和感を感じたら、まずは上にあげた自律神経の乱れ・自律神経失調症の原因で説明したストレスや生活習慣の乱れを見直してみましょう。


基本的には、ストレスが原因となっている事が多いので、一人で抱え込まず周囲に相談する、趣味や気晴らしの時間を作る、運動をしたりストレッチやマッサージなどお身体のケアをするなどがおすすめです。 


しかし、それだけではなかなか改善しない場合があります。

それはなぜでしょうか?


首肩や背中のコリ“トリガーポイント”のケアが自律神経の調整におすすめの理由


身体の疲れが蓄積していて慢性的な肩こりや腰痛などがある場合、いくらリラックスしようと努めてもなかなか力を抜くことは難しいです。

実はあまり知られていませんが、身体のコリ“トリガーポイント”は自律神経に強く影響を与えます。

特に首や背中のトリガーポイントは「交感神経」に強く関与します。自律神経でお悩みの方のお身体を触らせていただくとほとんどの場合、首や肩甲骨周りがかなり張っていたり、浮腫みがでています。


浮腫んでいると肩こりを自覚できない場合がありますが、“隠れ肩こり”“隠れ首コリ”はかなり多くいらっしゃいます。

何年もうつ症状で精神科に通院していたが改善しなかった方が、実は首コリが原因だったということもあるのです。


そういった首や背中のトリガーポイントにアプローチすることで、長年のお悩みもしっかりとケアすることができます。


トリガーポイントを鍼で刺激したときに感じるズーンとした独特の響きは「副交感神経」の働きを活性化するため、しっかりとリラックスできる身体作りのお手伝いが可能です。


トリガーポイント療法と鍼灸について


当店の自律神経の乱れ・自律神経失調症へのアプローチ〜鍼灸ができること〜


はりきゅう院moreでは、首や背中のトリガーポイントに対する鍼灸施術をメインにケアをしていきます。
また、首や背中だけではなくお身体の全体の状態をみながらバランスを整えていきます。
特に自律神経のお悩みは局所ではなく全身をみていくことが大切なので、お話をよく聞きながら施術させていただきます。
施術中、鍼を打っていると副交感神経のはたらきで内臓が動き出しお腹がグーグーと鳴り出したり、眠ってしまう方が多くいらっしゃいます。
施術中からお身体のリラックスと自律神経にアプローチされている感覚を感じていただけると思います。
しっかりとリラックスできる状態にしてあげることで、ストレスにも負けないお身体に少しずつ変化していきます。

自律神経の乱れによるお身体の不調はさまざまな症状を引き起こします。お困りの方は三鷹・吉祥寺の鍼灸院はりきゅう院moreにお気軽にご相談ください。


三鷹・吉祥寺の鍼灸院
はりきゅう院more

東京都武蔵野市中町1-28-1 紺屋ビル1F


お問い合わせ 0422−69−3135


24時間対応オンライン予約


トップページ