ACCESS イメージ

BLOG
moreブログ

頭痛や耳鳴りめまいのケアに重要な筋肉~胸鎖乳突筋~

2019.12.12

こんにちは、三鷹・吉祥寺の鍼灸院はりきゅう院moreの谷本です。

今回は意外と知られていないけれど非常に重要な筋肉『胸鎖乳突筋』についてです。
この筋肉はトリガーポイントの宝庫とも言われ、首の痛み(寝違えのような動作時痛)の他、こめかみや目の周りの頭痛や耳鳴り、めまいなどを引き起こします。


筋肉の説明

このように胸鎖乳突筋は、身体の前側の胸骨と鎖骨から、側頭骨の耳の後ろの乳様突起という部分につきます。
主に首を左右に曲げたり捻ったり下をみるといった動きをする筋肉で、姿勢にも関与する筋肉です。
デスクワークで一日パソコンを見ている、スマホを見る時間が長い、交通事故などでむち打ちをしたことがある方はこの筋肉を悪くしている可能性が高いです。
あまりここをマッサージしたりストレッチしたりするという方も少ないのではないでしょうか?

首の痛みや頭痛というと首の後ろ側ばかり触りたくなりますが、この胸鎖乳突筋が痛みの犯人となっていることは少なくありません。
首コリの施術は後ろ側だけではなく前側のケアも重要です。


胸鎖乳突筋にトリガーポイントが形成されると起こる症状

・寝違えのような首や肩の痛み
・頭痛(主にこめかみや目の周り)
・耳鳴りや難聴
・めまい
・顎の痛み、顎関節症
・ストレートネック、頭が前方にずれるなどの姿勢異常
・ストレス、自律神経の乱れ
など
数多くの症状の原因になると言われています。


胸鎖乳突筋のケア方法

この筋肉はデリケートな部分のためマッサージでしっかりと緩めることやストレッチでしっかりと伸ばすなどは少々難しい部分となります。

筋肉をつまむようにマッサージする方法もありますが、ここの筋肉は鍼で細かくアプローチすることでのケアが一番おすすめです。
また、デスクワークやスマホをいじっている際に、顎を突き出して頭が前方に出ていないか、姿勢も注意しましょう。


原因を知ることで最適な施術を

説明したように胸鎖乳突筋は首の筋肉の中でも面積が大きく、さまざまな動作に関係します。
そして、首だけではなく目や耳や顎、姿勢や自律神経などに影響を与えるため、肩をいくら揉んでも症状が改善しないという方は、この胸鎖乳突筋を施術してみることをおすすめいたします。
特に仕事が忙しい方やストレスを感じているときなどは悪くなりやすい部位です。

はりきゅう院moreでは、どこの筋肉にトリガーポイントが形成されてしまっているか、首の動きなど細かく状態をチェックさせていただきます。
うつ伏せや仰向け、横向きなどひとりひとりに合わせて負担が少ない鍼施術をさせていただきますので安心して施術を受けていただきたいと思います。
ぜひご相談ください。

過去のブログ記事一覧へ